NOTE

2018-07-07Filter |
近況製作〈革の小物〉

一本差し/コームケース/カードケース(U様)

長年お使いになられたペン差し、櫛入れを、同じ形状で御注文。
使い易さや耐久性を検討して、デザインを少し変えた型紙を起こしました。
あわせて名刺入れも、OM03の変形バージョンで製作させていただきました。

新しく仕入れ始めた柔らかな質感の黒の革をお選びいただき、スマートさを意識した薄めの仕立て。
薄さを演出するにはいろいろと工夫が必要。後述します。

スマートキーのカバー(S様)

NISSANのスマートキーカバー。関東からお送りいただき、メールで打ち合わせ。
いくつかご提案した中から、「革のかたまり」のようなこの形をお選びいただきました。

電池交換の場合は縫い糸を少し解く仕様をご了解くださいました。交換の際には当方で自動車屋さんにお願いして、縫い直して送れるように準備しております。できるだけご不便をおかけしない形で、長くお使いいただきたいと思います。
「想像していたより綺麗。最高です。大事に使います」というお言葉と共に、以前つくらせていただいた財布と並べて撮った写真をお送りくださいました。

携帯電話のケース(K様)

「ガラケーのケースって良いのが全然ないんだよ…」と皆さまおっしゃいます。
御注文の途切れることがあまりない品物で、ベルトを通せる仕様が人気です。
様々な革をご覧いただき、ネイビーのタンニン革に決定。ホックで開閉するつくりです。

小物をつくるにあたって「薄いけれど頑強」というのは一つのテーマです。
厚い革の、コバの部分だけ薄くしてスマートさを演出したり、逆に薄い革の中心部にだけ芯材を入れて膨らみを出したり。
革の性質、接着の範囲・貼り方、様々な想定と工夫が小物づくりには求められます。
このケースを製作させていただき、改めて可能性の広大さを感じました。

© ghoe leather design All Rights Reserved.