本藍染革 / chari leather aizome

ghoeの "本藍染革” シリーズ

明治の革「茶利八方」と
本藍染が生む、美しさと品格

日本独自の山羊革を、古庄紀治氏による「天然灰汁発酵建て本藍染」で染め上げ、ghoe独自の手法で後処理。
手揉み革の凄みある表情と、本藍染ならではの奥行きある色味が融合しました。
最高級の革と、化学薬品を一切使わない本藍染ならではの美しい経年変化がお楽しみいただけます。

革について

日本独自の革、茶利八方(チャリハッポウ)。明治四年、大村益次郎らがアメリカの皮革技師・チャールス・ヘンニンケルを招き、西洋の革鞣し技術が日本に伝わりました。その後、日本の技術者が努力を続け生まれた革は、彼の愛称「チャーリー」をとって「茶利革」と呼ばれ、さらに八方向から手揉みを施した「茶利八方」が生まれました。手揉みならではの凹凸をもつ、凄みのある革です。 世界的に見てもクオリティの高い茶利八方ですが、現在では限られた職人にしかつくることができない希少な革です。chari leather aizomeには、染色していない茶利八方を特別にわけていただいております。 耐摩耗性に優れ堅牢度の高い茶利八方と、経年変化も美しい本藍染は、非常に親和性が高い組み合わせです。

仕上がりについて

茶利八方の藍染革が、世界で初めて実現しました。他に比肩するもののない素材、染め、質感の革です。耐摩耗性に優れ堅牢度の高い茶利八方と、経年変化も美しい本藍染は、非常に親和性が高い組み合わせです。 本藍染ならではの奥行きのある色味と、手揉みされた革の凄みが融合した、素晴らしい革が生まれました。使い込むと凸凹の盛り上がった部分だけが色濃くなり、光沢を増す、変化が美しい革です。染色堅牢度の試験も最高に近い結果(※) で、色移りの心配なくお使いいただけます。手にとるとその「特別」を実感していただけると思います。見て、触れて、感じていただければ幸いです。(※変退色・乾湿5級)

ご注文について

・手揉み革の特徴として、シボの大きさ・趣き・色味が一枚一枚異なります。
お好みの chari leather aizome をお選びください。

・店頭・展示会で革をお選びいただき、御注文を承ります。
ネットでの御注文の場合は、革サンプルをお送りいたしますので、こちら よりご連絡ください。

・在庫があるものは ONLINE STORE に掲載しております。

Detailed image
本藍染革 TOPへ